会社沿革


1937年 4月 創業者 三浦秀雄、現住所において個人商店「三浦商店」として創業開始
   
1948年 6月

資本金100万円を以て三浦金属株式会社を設立

初代社長として三浦秀雄が就任

   
1951年 日亜製鋼株式会社(現日新製鋼株式会社)における直納店としての指定を受けると同時に第一物産(現  三井物産株式会社)の指定問屋となり取り引きを開始
   
1969年11月 第三工場(新断プレス工場)新設竣工
   
1974年 9月

第一工場建替え

ダライ粉処理機械(パーマスター)、10tクレーン他の設備増強、稼動

   
1975年 3月 資本金を2400万円に増資
   
1977年 6月

創業者、三浦秀雄永眠

三浦宏友専務、代表取締役社長として就任

   
1978年

第二工場を建替え。第三工場、新断プレス部門を移設、10tクレーン1基、5tクレーン1基を新設

その後、更に5tクレーン1基増設

   
 1981年12月  新規加工処理設備として富士車輌製ギロチンシャー(800t)を新設、10tクレーン2基を併設し設備の増強を図る
   
 1989年12月

上記新断プレス部門移設に伴い、第三工場を建替え、新設 

ギロチン処理能力強化(第三工場)を目指し、富士車輌製ギロチンシャー(1000t)を新設(リプレース)

   
 1991年12月  事務所及び総合的効率化を目指し、本社社屋を現第二工場敷地内に建設竣工
   合理化に向けCBM製オフィスコンピューターを併設、計量器(40t)をトレーラー輸送化に対応すべく80tに増強(リプレース)
   
 1993年11月  第一工場10tクレーンをリプレース、ダライ粉等の処理能力を増強し処理設備の運転操作を無線化併設に改善
   
 1997年11月  CBM製オフィスコンピューターの2000年問題対応に備え設備更新
   
 2000年 1月  第一工場10tクレーン(リフマグ吊具)の運転操作100%無線化併用を図り要員の合理化を実現
   
2000年 9月 事務処理効率化及び情報共有・伝達の簡便化、インターネット時代に対応すべく社内LAN構築
   
2001年 5月 ホームページ開設
   
2005年 7月 ISO14001認証取得
   
2007年 3月

三浦宏友、代表取締役会長に就任

三浦秀一、代表取締役社長に就任

   
2007年 9月 ホームページリニューアル
   
2007年12月 株式会社リカガク社製 工業用等エックス線装置導入
   
2010年7月 富士車輌株式会社製 2ヤード大プレス / リプレイス工事
   
2011年4月 1ヤードパーマスター取外し
   
2016年5月 ダイトク社製60トントラッスケールをリプレース
   
2017年2月 解体工事の許可取得 大阪府知事許可(般-27)第89277号
   
2017年12月

3ヤードギロチン入替え

ホームページリニューアル